エコエナジーの念い
未来の原因は今にある だから 私たちは青い空を残したい

HOME>about

会社名 エコエナジー株式会社
資本金 2,800万円
本社所在地 東京都台東区
設立 2002年6月
東京オフィス 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-4-5 ハシモトビル406
 03−3862−9898
FAX.03−3862−9897
カスタマーセンター  03−5308−3603
お客様からのお問合せ受け付けるセンターです。
代表者

伊藤 智教(みずほ総研、日経新聞社、日本ビジネス出版、商工会議所、企業、自治体、業界団体、経営者団体で、のべ400回を越える講師歴があります)

代表者メッセージ

代表者プロフィール

リソース エネルギー管理士 3名
一級建築士 1名
行政書士 2名
司法書士 1名
経営コンサルタント 2名
省エネメンター  1名
マーケティング・ディレクター 2名
法律顧問 弁護士法人 パートナーズ法律事務所
事業内容

◆エコエナジーは、カーボンニュートラル実現のパートナーです。
 エネルギー自給率10%未満のわが国で、カーボンニュートラルを実現する近道は、「省エネによりエネルギーの使用量を最適化してから、再エネに転換すること」です。
 エコエナジーは、高度な診断力と分析力で、事業所の潜在的な課題を発見し、光熱費の削減とカーボンニュートラルに取り組む人材の育成をしています。

 

【強み・特徴】

[1]設備投資「¥0」で、光熱費を30%~50%削減

[2]設備投資「¥0」で、日本で唯一成果を保証する省エネ支援

[3]支援プランのパッケージ化により安心価格で削減効果を継続

[4]業種、地域条件などを選ばずに、幅広く採用可能

 

【主要サービス】

1)法定実務サービス(省エネ法・温暖化対策条例の報告書・計画書作成)

 エコエナジーでは、省エネ法等の法定実務から、光熱費のムダ、設備機器の不適切な配置や使い方によるエネルギーのロスなど、潜在的な課題を多数発見しています。集計・集約・原案作成のプロセスから得られる情報と専門的な知見をもとに計画策定に役立つレポートを作成しています。
 法定実務が利益づくりのアイテムであり、カーボンニュートラルの入口になると熟知しているから可能な支援です。
 省エネ法の法定実務と経営計画との連携を図るだけではなく、社風や文化、地域特性を踏まえ、お客様のご状況に寄り添い、確実に結果を出していけるようスケジュールを組んでご支援しています。

2)高品位省エネ診断

 事業所ごとに本当に着手すべき課題を明確にします。
 最も理想的な省エネ対策を選定・実施するため、「高品位省エネ診断」というオリジナルの診断技法を確立しました。
 一般的な省エネ診断との違いは、①視点 ②診断対象のデータ数 ③ヒアリング内容 ④データ分析力 ⑤提案力 です。
 多くの場合、一般的な省エネ診断で対象外となっている部分に、本質的な課題が潜んでいます。エコエナジーは、圧倒的な診断力と分析力で潜在的課題をしっかり補足し、解決につなげています。高い省エネ成果を作り、継続できる理由です。 

3)「知省®」 ~伴走型省エネ支援~

 実現しているのは、「3倍返し」と「SDGs」経営に直結する省エネ支援。延床面積1万㎡以下の事業所(公共施設、商業施設、オフィスビル等)が対象です。
 本格的な省エネ支援を、利用しやすいパッケージプランにしてご提供しています。削減効果も高く、本当に取り組むべきポイントを明確にし、季節別・月別で最適な光熱費削減(省エネ)対策をご提案しています。
 確実にエネルギーコストを削減し、削減できたコストを原資に、カーボンニュートラルやRE100実現などに向けた計画の立案をご支援しています。

4)ソフトESCO ~成果保証で伴走型の省エネ支援~

 ソフトESCOとは、設備投資¥0で、最適な運転・運用により、エネルギー使用量を削減し、その削減額を保証する省エネサービスです。年間の光熱費が10億円以上になる事業者が対象です。
 「省エネの3大要素(設備更新、点検・整備、運転運用)」のうち「運転運用(オペレーション)」に重点を置き、ソフトESCOの支援を受けた方が作り上げる省エネの成果金額を保証しています。実際に、サービス料の3倍から8倍のリターン(省エネ成果)実績があります。
 日常の業務、普段の職場の中で省エネ支援を受けられることが特徴です。誰もが直ぐに実践し、その場ですぐに取組成果を確認できるため、得られる学びや喜びは大きく、省エネ取組を継続するモチベーションになっています。

登録商標

(使用権を含む)

sitdoc®
ecofitness®
オールハッピープラン®
イージット®
知省®