HOMEセミナーTOP>近日開催のセミナー
近日中にエコエナジー株式会社 代表コンサルタント・省エネプロフェッショナル 伊藤智教が、登壇予定の有料・無料のセミナーや講演のご案内をしています。
過去に開催したセミナー

 2021年12月8日(水)~10日(金) 

場所:「SDGs Week EXPO for Business」(日本経済新聞社、日経BP、社会インフラテック 主催)

    東京国際展示場(東京ビッグサイト)  東1ホール  ※「エコプロ2021」同時開催

 

◆カーボンニュートラルの進め方とは⁈

GHGの算定とGHGの削減のポイントとは⁈ ほか

 
 

 エコエナジーは、省エネコンサルティング18年の経験と700超の支援実績をもとに独自に開発した「省エネサービス」を展開しています。

 昨今、持続可能な社会の実現に向けて、定量的なカーボンニュートラルの目標を掲げ、その数値目標達成に向けて実現可能性の高い具体的な実行プランをつくっていくことが課題となっています。

 エコエナジーでは、既に、省エネ支援事業を通じて培った独自の視点とノウハウを用いて、「カーボンニュートラル推進支援サービス」を展開。小規模だからこそ可能な細やかさ、事業者ごとに異なる事情を考慮し、段階を踏まえた無理のない支援で、本質的な課題の解決を図っています。

 本展示会では、「カーボンニュートラル推進支援サービス」を活用した成功事例を含め、本展示会限定のミニセミナーを開催し、具体的なカーボンニュートラル達成のノウハウを公開します。

 

 

 

 

【ミニセミナーのテーマ】 
            (約15分/回) 

 

1.カーボンニュートラルとは 

2.2030年までに出来るカーボンニュートラルの進め方

            上記1.2.では、カーボンニュートラルの全体感を掴めます。

   日本と海外とで全く異なるエネルギー事情の中、いかにしてカーボンニュートラルを実現するのか。

   2030年までになすべきことは何か。カーボンニュートラルの具体策を検討する上で、おさえておく

   べきポイントを確認します。

 

3.[TCFD対応] Scope3算定の進め方

4.GHGの算定とGHGの削減のポイント

    気候変動リスクの情報開示に関する基準について、2022年6月頃をめどに、世界共通の統一基準をつくる

   動きが出ています。各国・各地域はそれぞれの立場に基づく意見の反映を狙っていますが、部品調達などを

   含めた取引網全体にかかわる「スコープ3」も開示対象になる可能性が高まっています。

     上記3.では、スコープ3の算定を行う際に、課題となりやすい点、スムーズに行うためのポイントを

   お伝えします。 

    上記4.では、GHG算定の本質とは何か、シナリオ分析で想定される事態に未然に対応できる方法とは何か、

   本質を踏まえた上での、お話を展開させて頂く予定です。

 

5.皆様からのリクエストを募集中

 

「カーボンニュートラル」をどのように捉えるかで、選択肢の幅は変わります。採用できる手段も変わります。

「カーボンニュートラル」に、どのように向かい合うかで、あなたの会社の未来は変わります。

                               

                                         

 

  期日:令和3年12月8日(水)から12月10日(金)までの3日間

  場所:東京ビッグサイト(東1ホール) エコエナジー(株)ブース

  時間:各テーマ1回15分程度。毎日各テーマ1回開催予定

         (①11:03、②13:03、③14:03、④15:03、⑤16:03)に開催予定

         ※詳細なスケジュールは後日改めて発表します。