省エネルギーフェア2018カンファレンス 「設備投資¥0でもエネルギーコスト▲30%実現の理由」

省エネルギーフェア2018 カンファレンス

(主催:関東経済産業局、(一社)ESCO・エネルギーマネジメント推進協議会)に

弊社 代表 伊藤智教が登壇いたしました。

 

演題 : 診断と支援で得られる成功事例

      ~設備投資¥0でもエネコスト▲30%実現の理由~ 

 

 

平成30年2月14日(水) 13:00から開催された省エネルギーフェアカンファレンスの

1番手として、当社代表コンサルタント 伊藤智教が、

設備投資なしでも、エネルギーコストを30%以上削減している事業者が存在している事、

なぜ、10年以上もエネルギーコストを下げ続け、最適と言えるまでの状態を維持し続けられているのか、

その根底にある、省エネについての概念をご紹介いたしました。

 

成功事例企業様の機密保持の関係上、公開できる情報に限りはありましたので、具体的な事例を求めてご参加いただいた方にはご期待に沿えない点もあったかもしれません。

しかし、ポイントは、まさにその点にあります。   

ある事業所において有効な手法や設定など具体的な情報が、他のすべての事業所に有効であることはほとんどありません。

ただし、自社に最適な省エネを展開できていない、あるいは「出来ることはすべて取り組んだ。これ以上何をしたら良いのかわからない」と言われる方々、事業者様に共通している価値観があります。

その点を、20分の中でお伝えさせて頂きました。

キャッチして頂けましたでしょうか。

 

エコエナジーでは、あらゆる「盲点」を見逃さない診断と、従事する方々の「可能性に懸ける」支援を行っています。

これが、新たな設備投資なしでも、エネルギーコストを30%以上削減する、

あるいは、省エネ効果を毎年発揮し続けるために必要となる要素です。

 

 

美しい地球と十分なエネルギーを次の世代に繋ぐべく、お役立て頂けましたら幸いです。

 ご多忙の中にもかかわらず、ご参加下さいました300名を超える皆々様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

ありがとうございました。