セミナー開催「事業者クラス分け評価制度のしくみと仕掛け」について

「ENEX 2018」開催会場にて、セミナー(プレゼンテーション講演)を開催します。

より一層のエネルギー使用の合理化を促進するために開始された「事業者クラス分け評価制度」。

制度開始後2度目の報告で、早くも「Sクラス」事業者数が10%減少し、「Aクラス」「Bクラス」事業者が増加しています。

事業者の担当者からは、「どのように対応したよいのかわからない」、

「何がどう評価されての結果なのか、そもそもがわからない」等、

戸惑いの声も寄せられています。         

 

自社に何が不足しているから「Bクラス」評価なのか、「Sクラス」入りするために必要な要素とは何か。

制度そのものに対する情報が少ないのも事実です。

しかし、多くの事業者において、省エネ効果を高め、かつ継続的に維持する為のノウハウが不足していることも一因として挙げられます。

「Bクラス」を脱出する為に何が必要なのか、「Sクラス」入りするために障害となっている要因は何か。

エコエナジーでは、『省エネ法は、企業の利益づくりを応援してくれる法律である』との視座に立ち、事業者の皆様の利益づくりに貢献しています。

 

そこで、この度、下記のとおりセミナーを開催することに致しました。

 

演 題 : 「 Bクラス評価をもらって困っている方 と Sクラス入りを目指す方へ

         ~ 9割の人が知らない仕組みと仕掛け ~ 」            

 

日 時 : 平成30年2月15日(木) 14:15~15:15

場 所 : 東京国際展示場(東京ビッグサイト)

    東1ホール内 セミナーA会場 (出展者プレゼンテーション会場)  

 

自社に役立つ情報を御自身で掴みとってみてください。